ラゼックの特徴

ラゼックは、エピレーシックに似た施術法で、薄いフラップを作成することで視力を矯正していきます。
そのため、角膜が薄くて通常のレーシックが受けられない方や、強い近視の方でも問題なく施術が受けられます。
ラゼックにおいては、角膜をアルコールにつけて、角膜を柔らかくしたうえでフラップを作っていきます。
まずは、角膜の保護層をほぐして、その後にエキシマレーザーを用いて角膜を調整し、視力を矯正します。さらにその後は、フラップを元に戻し、治療用のコンタクトを入れて施術が完了となります。
ここで用いる保護用のコンタクトは、フラップを薄くするためのものです。

実際、ラゼックは角膜にフラップを作るのではなく、角膜上質で治療を行っているのです。
この角膜上質は、再生するまでの期間が短いため、施術後2週間程度でフラップが消滅します。そのため、フラップがズレるといった心配もありません。

●ラゼックのメリットについて
ラゼックはどのような方でも受けられる施術で、角膜が薄い、近視が強いなどの理由で過去に施術を断られた方でも受けられます。
また、ラゼックの場合、一人一人の角膜の形に合わせた治療を行うことができます。

●ラゼックのデメリットとは
ラゼックは、視力の回復を実感できるまでに時間がかかってしまうというデメリットがあります。
さらに、施術後に痛みを伴うことが多く、痛みどめが必要となることもあります。